2012年03月11日

iTunes Storeに接続できません

新型iPadが発表となり、iOSも5.1にバージョンアップしたので、iPhone4のバージョンアップをしようと思って久しぶりにPCのiTunesを立ち上げました。

バージョン10.6にバージョンアップするようにメッセージが出たので、指示に従いiTunesをバージョンアップ。

しかし最新版(10.6)でiTunesを起動すると、iTunes Storeに接続できなくなってしまいました。。。

iPhone4をPCにつないでバックアップをとろうとしても、iTunes Storeに接続できず認証が得られないため操作できず、iOSの入れ替えもできない状態。

ファイアウォールの設定をみても、iTunesの通信は通すように設定されているし。
iTunesの診断プログラムを実行すると、ネットワーク回線は正常で、「Apple Storeへの保護された接続ができません」というエラー。

iTunesの使用するポート開放がうまくいってないのかも、と思い、ルーターに手動でポート開放を設定してもうまくいかず。。。

最近自宅のネットワーク環境を一部変更して、有線ルーターと無線アクセスポイントを入れ替えたりしたのが原因かと思って、古い機器に戻してもつながらず。

やはりバージョンアップのせいかと思って調べまくり。。。
すると、下記のページを発見。

iTunes store に接続できない win764bit

ここに書かれている「コマンドプロンプトを管理者権限で実行し、netsh winsock resetを入力」を実行したところ、見事にiTunes Storeへの接続が復活!!

あっさり接続できました。。。

ネットシェルコマンド(netsh)をつかってTCP/IPプロトコルをリセットした、ということになるのですが、、、

どうもiTunesをバージョンアップしたら、iTunes Storeにつながらなくなることはよくあることらしく、上記の方法が有効らしいです。Windowsユーザーにはけっこう既知のバグらしい。。。

やはりiTunesは、windowsユーザーには使いづらくなっているのでしょうか??


すっかりはまってしまいました。。。

2011年07月31日

網代浜(あじろ浜)でシュノーケリング

本日、ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックは日曜日で休診だったので、家族と一緒にビーチへ出かけてみました。

ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックがある南さつま市は、東シナ海に面した海岸が自慢の場所なのですが、今回は坊津方面で海水浴ができて、なおかつシュノーケリングで熱帯魚ウォッチングができる場所を目指しました。

網代浜、あじろ浜と読みます。

南さつま市からいったん枕崎市に向かって国道270号線を南下し、枕崎市に入って花渡川を超えるとすぐ国道225号線に合流します。

ちなみに、ここで右手に当院の看板があるのですが、ここが目印です。。。。

国道225号線をさらに南下すると町頭交差点で国道226号線にぶち当たりますので、右に曲がって226号線を坊津方面、坊津歴史資料センター輝津館を目指して進みます。

ただし、輝津館まで行くと行きすぎです。。。最初、行き過ぎて南さつま市立坊津病院まで行ってしまい、Uターンしてしまいました。。。


大きな地図で見る

坊津町坊之浜の港につきますと、瀬渡し船が何隻か出ています。港に車を止めて、瀬渡し船に乗って10分程度で、いよいよ目的地に到着です!

EOS Kiss X42364.JPG

船でしか近づけないビーチで、狭い砂浜なのですがたくさんの観光客でにぎわっていました。トイレや売店などの設備は一切なく、港で着替えてくる必要があります。
ただ、日除けの天幕が広範囲にはってあり、数十人は利用することができます。瀬渡し船で到着すると、スタッフの方がゴザを敷いて休憩スペースを作ってくださいました!

ひとしきり浜辺で泳いだら、いよいよシュノーケリングです。
持参したアポロのバイオフィン、実は超久しぶりに履きました。。。ここ数年、趣味のダイビングとはすっかりご無沙汰状態でしたので。

長男と次男もシュノーケルを装着し、バイオフィンのジェット推進力を使って子供たちを引っ張って泳いで行きました。。。

EOS Kiss X42408.JPG

エサ用のソーセージを持って、子供たちと一緒に泳いでいきますと、すぐにサンゴ礁に魚が群れているのを見つけました。ここでソーセージをちょびっと切ってまくと、大量の魚が集まってきて素晴らしい眺めを拝むことができました。

水深3〜5m程度の浅瀬で透明度も高く、楽しいシュノーケリングを満喫しました。

網代浜、最高です!!

そして帰り道、枕崎市街地の沖合に開聞岳が見えました。

2.JPG

「薩摩富士」の呼び名にたがわぬ、雄大な眺めです。

1.JPG

2010年04月06日

医療機関コード

ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックは4月1日から医療法人エターナルとして法人化しました。といってもクリニックの名前はそのままでなにもかわることはありません。ただ、開設者が院長名から法人名に変更になるということです。

名前も見た目も変わらないのですが、手続きとしては山ほど書類があります。。。
一番大きなものが「医療機関コード」です。

厚労省の管轄である九州厚生局が、医療機関の設立などに認可を出すのですが、法人化するとまた新たに開設届けを出す必要があります。認可が下りると、その診療所に割り当てられる番号があり、それが医療機関コードです。

4月1日から新しい機関コードを電子カルテに登録したのですが、ちょっとした問題が起こってしまいました。
3月に診療した分の診療報酬(レセプト)を、4月に入って整理して4月10日までに提出するわけですが、電子カルテはすでに新しい医療機関コードになっているのでその番号でレセプトが作られてしまったのです。しかし正しくは3月分は「古いコード」で作成すべきなのです。。。

これに気づかず、オンライン請求システムでレセプト送信しようとしたら思いっきりエラーとなりちょっと焦りました。。。

解決策として、レセプト作成時のみ機関コードを古いものに戻す作戦で対応可能でした。

法人化と診療報酬改定とが重なってただでさえバタバタなのに、それに輪をかけてレセプト作成でドタバタしてしまいました。。。

2010年04月02日

医療法人初日と診療報酬改定

平成22年4月1日より、ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックは医療法人エターナルとして新たに法人化いたしました。

また同日から診療報酬改定で新たな制度がスタートすることもあって、法人化と制度改定とでたくさんの事務手続きが重なり、かなりばたばたとしました。。。。

しかし電子カルテ「ダイナミクス」のおかげで改訂作業はスムースに完了できて、話題になっている明細書付き領収書も無事に発行することが出来ています。

電子カルテの入れ替え作業等はすべて院長が一人で行いましたが、1時間もかからずに終わりました。

メンテナンスでエンジニアを頼んだり業者委託することもなく作業できたのは、ひとえにダイナミクスのサポート力のおかげです。
さらに開発者である吉原正彦先生みずから、全国2000施設以上のユーザーにメーリングリストできめ細かいご説明をお送りくださるので、院長一人でも作業可能であったと思います。
そのサポート体制まで含めて、改めて素晴らしいシステムだと感じました。

ST330468.JPG
今日は素敵なお花もいただきました。さっそく飾らせてもらっています。

法人化と診療報酬改定、どちらも無事に乗り越えられそうです。

2010年03月13日

医療法人化することになりました

ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックは平成20年11月1日に新規開院して以来、地域医療に貢献すべくひたすら走り続けてきました。

今後もっと多くの皆様に医療貢献するにはどうしたらいいのか。

そのためには、経営基盤の安定化をはかり、よりよい医療を提供すべきであると考え、当院では医療法人化の手続申請を行っておりました。

そしてこのたび、鹿児島県から無事に認可がおりまして、平成22年2月24日付けで医療法人登記をおこないました。
・・・ちなみに認可の連絡を受けたのは平成22年2月22日と、2並びで縁起の良い日(?)でもありました。

というわけで、平成22年4月1日から当院は医療法人化することが決定しましたのでここにご報告させていただきます。

法人名は、「医療法人エターナル」となります。

・・・妻と二人で試行錯誤の結果、産みの苦しみを味わいつつ、ようやく決まった名称です。

「エターナル(eternal)」は英語で「永遠」という意味であり、ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックがいつまでも地域医療への貢献を続けられますように、そして患者さんをはじめクリニックに関わる全ての皆さんがいつまでも元気でありますように、という願いを込めて命名しました。

医療法人エターナルを、これから末永くよろしくお願い致します。

2010年02月10日

スパイロメーターを院内LANに接続

ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックで導入した呼吸機能検査装置スパイロメーターSP-350COPDですが、データ出力機能があり当院で使用している電子ファイリングシステムRS_Baseにデータ取り込みができます。

出力はRS-232Cで、シリアルケーブルによる接続が必要なのですが、いまどきのPCではシリアル端子など廃止されて久しい状態です。。。

しかし、昔使っていた日立のノートパソコン(PRIUS NOTE 200B5TM)を物置から取り出してくると、見事にシリアル端子が!
これで早速接続してみると、さくっとうまくいきました。。。。8年前のPCが現役に復活です。

さらにその後いろいろ調べてみると、RS232CをLAN経由でPC接続するコンバータがあることがわかりました。
というわけで早速導入してみました。

LCNV-232RX(ラステーム・システムズ製)
lcnv232rx-top.gif

スパイロメーターからデータ出力を行うと、LCNV-232RXがLAN経由でデータ転送、そして受け手側のPCでは仮想シリアルドライバがデータ受信を行います。
このPCでは、RS_Commというアプリがデータを取り込みRS_Baseにデータ登録を行います。これらはすべて自動で行われるので、結果として「スパイロメータでデータ出力ボタンを押すと、RS_Baseにデータが登録される」ことになります。RS_Comm、素晴らしいです!!

RS_Comm(Medical-In製)

しかしセッティングに関して若干ハマってしまったところがあるので、備忘録代わりに記載しておきます。

(1)スパイロとLCNV-232RXの接続はストレートケーブル。

(2)LCNV-232RX、RS_Commのシリアル設定では、どちらも「パリティ:なし」にしておく。

(3)仮想シリアルドライバ設定時には、他ソフトとポート番号がかぶらないようにする。当院では、いびき測定装置の番号とバッティングしていたのに気付かず失敗した。

・・・振り返ればたいしたことないことばかりですが、気づくまでにかなりハマってしまいました。。。

Medical-Inならびにフクダ電子の各担当様のアドバイスでクリアすることが出来ました。感謝です。

2009年10月29日

センチュリー小型モニタに「はまりまくり」

ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックでは、鼻治療用ネブライザーコーナーに小型モニタを設置していろんな情報を流しています。以前のブログでも書きました。

このモニタ、センチュリーのUSB接続型モニタなのですが、とても気に入って5台購入して利用しています。

LCD-8000U

つい先ほどネットをみていたら、「センチュリーから新型小型モニタが発売」というニュースが。
なんと、こんどはVGA接続方式の小型モニタです。

LCD-8000V


ネブライザーコーナーのPCには、USB接続式モニタしか繋がっていないので、OSのトラブルがあったときなどはUSBからの表示ができずいちいち外部モニタを接続してメンテナンスしていました。しかしこのVGA式モニタがあれば、そんな面倒もしなくてすみます。

さらに、じつはUSB接続式のモニタはCPUに負荷がかかるので、5台も同時に接続していると極稀にですが表示がおかしくなることがあったのです。。。。。VGA接続だとモニタ分配機をかますことで複数台接続してもPC負荷はかかりません。。。

。。。気づいたら注文していました。。。
小型モニタがどんどん増殖していきそうです。。

2009年03月24日

4月から診療時間が変わります!!

ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックでは、患者様多数のご要望によりまして4月から診察時間を一部変更することとなりました。

大きな変更点は「土曜日午後診療」を開始するということです。

それにともないまして、これまで木曜日は午前中のみの診察でしたが今後は木曜日終日休診ということになります。

月・火・水・金
(受付)9時から12時、14時から18時


(受付)9時から12時、14時から17時

木・日
休診(木曜日は予約検査・外来手術など完全予約診療のみ、外来診療は行いません)


上記の変更は4月2日(木)から適応されますのでお間違えのないようにお願いいたします。

開院当初からご要望の多かった土曜日の午後診療を開始することで、4月からますますがんばっていきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

2009年03月23日

職員募集(医療事務)のお知らせ

ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックでは、院内環境充足のために新規スタッフ(医療事務)の募集を開始いたしました。

医療事務の具体的な業務内容としては、受付での応対やレセプト管理が中心となります。電子カルテを使用しますのでPC入力・操作の得意な方歓迎です。採用後に業務研修を行いますので資格・経験は問いません。

常に学び、考え、創意工夫を凝らしながら、新しいものをみんなで作り上げていく喜びを感じてみませんか。
職場にやりがいを求めるあなたを、心からお待ちしています。

なお求人に関するお問い合わせ・具体的な手続き方法等に関しましては、最寄りのハローワークを通じてお願いします。直接当クリニックへご連絡いただく前に、まずはハローワークにお問い合わせください。

詳細はこちらをご覧ください。

2008年11月03日

無事に開院いたしました

11月1日(土)、ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックは無事に開院を迎えることができました。
建物建築をはじめ多種多様な部分で多くの皆様に支えられてここまでくることができたことを、心から感謝しています。

(ちなみに建設工事にかかわった延べ人数は1000人以上だそうです!!)

スタッフも全員一丸となって一生懸命がんばってくれました。少ない人数で各々の負担は大きいと思いますが、少数精鋭のスタッフであり、今後ますますがんばって乗り切ってくれることと信じています。

今日は11月3日ですが、今になってようやくネットにアクセスする余裕がでてきました。。。。
また明日からはクリニックに集中してブログの書込もままならないことと予想されますが、「便りがないのはよい知らせ」だと思っていただければ幸いかと。。。


常に笑顔で、一歩一歩確実に、をモットーにがんばっていきます。

2008年10月27日

内覧会終了

10月26日(日曜)に、ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックの内覧会が開催されました。当日はあいにくの曇り空で、開場の10時までは人通りもなく、はたしてどれだけの皆様が来られるのか.....かなり不安な状況でした。

しかし10時になるとだんだん皆様お越しになられ、気づけばクリニックの中は結構な人だかりとなりました。フジノン電子内視鏡やGEマルチスライスCT、フジ・コンピュータレントゲンシステムについてはそれぞれセールス担当にデモをお願いいただいたのですが、ご来場の皆様も実際の機器が動作する様子をみながら説明をうけたことでかなり関心を持っていただいたようです。

また、お子様連れの姿も目立ちました。お子さん達が院内に入るなりキッズコーナーへ走りこみ、機関車トーマスのおもちゃや絵本などで熱心に遊ぶ姿を見て、キッズコーナーを作ってよかったとしみじみ感じました。そして完全に院長の趣味の世界と化しているコミックコーナーですが、思いのほか(?)好評を博しました...中学生達が「20世紀少年」が全巻そろっているのを誉めてくれていたようで、映画化の効果もありながらなのでしょうが、なかなかいい選択だったと思っています。

15時までの短い時間ではありましたが、おかげさまで180名の御来場を頂きました。クリニック紹介パンフレットが足りなくなり、急遽コピーしてお配りするという、うれしい誤算もありました...。

いよいよ11月1日は開院となりますが、また気を引き締めて準備をすすめていこうと思っています。
ご来場の皆様、そして御支援いただいた皆様、どうもありがとうございます。

2008年10月25日

あっという間の1週間

このブログは「ふくいわ耳鼻咽喉科クリニック開設までの軌跡」ということで進行状況を書いていくようにしているのですが。
前回書き込んでから既に1週間たっていることに今気づきました。。。。この1週間、あまりのばたばたでインターネットをみることもありませんでした。

気づけばあと2日で内覧会、そしてあと1週間でいよいよ開院です。毎日、なんだかよくわからないままに時間だけが過ぎていきます。しかし院内を見回すと、スタッフが日々資材や薬品を配置してくれたこともあり、いつの間にか結構病院らしくなってきています。戸締りの瞬間にささやかな喜びを感じたりもします。

あとはとにかくできることを着実にやっていくのみだと思っています。

日曜日の内覧会、せめてお天気がいいことを祈ります。

2008年10月18日

CTセッティング

CTの設置・セッティングも無事に完了し、撮影講習や画像処理勉強会などを行いました。
一番心配していたのは、CTと診察室PCとの接続セッティングだったのですが、非常にスムースに処理が完了しました。

電子カルテ端末と診察ユニットモニタ、壁側モニタの3箇所に画像表示されます。
IMG_0213s.JPG

これは自分の副鼻腔です。GE横河メディカルの担当に撮ってもらいました。。。。撮影は非常に簡単で全部で数分で終わります。実際のX線照射時間は30秒程度で、あっという間です。3D画像作成もリアルタイムにできます。GE担当さん(女性のかたでした)曰く、「この子(ProSpeed II)はとってもいい子です!」。。。ほんと、そんな感じです。
IMG_0214s.JPG

ユニットと壁際のモニタは鼓膜を内視鏡で映す役割もあり、患者さんが左右どちらを向いてもモニタが見えるようにセッティングしてあります。
IMG_0215s.JPG

2008年10月13日

商売道具

今日は診察室に診察用ユニットが搬入されました。

耳鼻咽喉科の場合、これがないと始まらないので最も大事な医療機器といえます。
診察室を個室にしているので、大型のユニットの配置関係が心配されたのですが、予想以上にぴったりと収まりました。

DELL製液晶モニタもアームできれいに装着できました。ここには、内視鏡で撮影した鼓膜を表示したり、電子カルテやCT画像を表示したりして、患者さんへの情報提供の場とする予定です。

白い医師用診察イスはこれまでずっと使ってきたものと同じで、愛着のあるお気に入りスタイルだったりします。

IMG_0188s.JPG

2008年10月11日

CT搬入

ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックの引渡しも無事に完了し、さっそく今日から機材搬入がスタートしました。

今日から5日間ほどでメイン機器のひとつであるマルチスライスCTが搬入されます。GE社製のProSpeed IIという機種です。人体への影響に極力配慮しつつ、消費電力も大幅に抑えた「エコ・バージョン」という、小さなクリニックにはぴったりのものです。

CT-0s.JPG

1日がかりで東京から陸送されてきました。。。撮影部分であるガントリーが毛布で覆われています。なんだか地球連邦軍の白い新型モビルスーツっぽいです。。。。

CT-1s.JPG

重さ1トンの精密機械を4人がかりで慎重に搬入しました。入り口からCT室に到達するまで1時間以上かけての厳重な作業です。。。ようやく部屋に設置されたら、さっそくカバーが取り外されて調整に入ります。

CT-2s.JPG

むき出しのCT、はじめてみました。。。。凄い迫力です。。。。やはり連邦の新型は化け物です。。。

CT-3s.JPG

足なんて飾りですよ、大佐。

CT-4s.JPG

無事にセットアップされることを祈っています。



(一部ガンダム名セリフ集からお送りしました。。。)

2008年10月10日

誕生日プレゼント

ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックの工事も無事終了し、今日は念願の引渡し日でした。

。。。といっても実は新築工事は予定よりも早く終了しており、引渡し日も早めることが出来たのですが、10月10日にあえて合わせてもらうようお願いしていたため今日の引渡しとなりました。

他愛もない理由ではありますが、今日は自分の誕生日でした。

開業を計画して予定を立てていったらちょうど誕生日と引渡し日が近くなったので、それならせっかくなので誕生日引渡しに向けて頑張りましょう、ということで関係業者の皆様が頑張ってくださったお陰です。

一生の思い出に残る、素晴らしい誕生日となりました。

実際はいろいろな準備であわただしく1日が過ぎていきましたが、夜は家族からも祝ってもらってホッと疲れがとれました。
また明日から一歩一歩着実に進んでいきたいと思います。

IMG_0041s.JPG

2008年10月08日

間違い探し?

ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックの外観は、シンプルな白を基調として街に溶け込むような木目調をあわせつつ、オレンジのワンポイントが入ったデザインです。

クリニックウェブサイトでは本年3月に作成された完成予想パースCGを使用しているのですが、今回完成した実際の建物を同じような角度から撮影してみました。。。。実物と予想CGが同一の状態で、はっきりいって「間違い探しクイズ」の世界です。。。

FEC_01L.jpg
FEC_02L.jpg

予想図と寸分たがわぬ出来に大満足です。

屋内につきましては、10月26日(日)10:00〜15:00、内覧会を開催しますのでぜひお立ち寄りください。
詳細はこちらを御覧ください。

2008年10月07日

セコムしてますか?

ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックではセキュリティ対策として、SECOMを導入しました。
長嶋監督から木村拓哉さんにCMバトンタッチされたわけですが、同じ「哉」という名を持つものとして、なんだかうれしいのは気のせいでしょうか。。。

入り口にはしっかり「SECOMステッカー」が光っています。
IMG_9991s.JPG

クリニックの外に出て用事をすましていると、突然サービスセンターから電話が。物置のドアが何者かに開けられたとのことですぐ現場調査をしたとのこと。。。。幸い何も異常はなかったのですが、鍵かけ忘れていたところを誰かがあけたようです。。。

いきなりしょっぱなからSECOM騒ぎやん、と思ってビックリ。しかしその後、父親にあった際「誰もいなかったから物置空けたらあいたど。」とのコメント。。。なんと初SECOMは父親でした。。。。

セキュリティの有無にかかわらず戸締りは気をつけるべし、と学びました。

2008年10月06日

最後の工程会議

ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックの最終検査で指摘された手直し部分の工事も終わり、今日はその確認の日でした。もともとわずかな修正のみであったこともあり、検査はスムーズに終了しました。その後、建物の使用方法や鍵の確認の説明を受けたりして、10月10日の正式引渡しに向けて秒読み態勢となりました。

そんなわけで4月から毎週現場で行ってきた工程会議も今日が最後となりました。
設計士さんから現場監督さんに一言「ありがとうございました」という言葉が交わされた時、その一言がこれまでの工事にかかわるすべてのことを思い出させて、深い感慨に浸りました。。。。

しかし11日からは医療機器や家具搬入がどんどんすすみ、おそらくあっというまに内覧会・開院と進んでいくと思います。
スムースに事を運ぶためには、これからが本当の正念場です。


。。。さっそく部屋の電気のつけ方がわからずに現場監督さんに電話してしまいました。。。慣れるのにも時間かかりそうです。

イメージどおりの外観
IMG_0022_s1.JPG

空っぽの室内
IMG_9942_s2.JPG

夜はライトアップされます
IMG_0014_s3.JPG

2008年10月02日

建物の最終検査

ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックの建築工事も最終段階に入りました。今日は設計会社と共に建物の最終検査がおこなわれました。

現場に到着すると駐車場はほぼ満車、そして施行業者の皆さんが20名以上ずらりと並んでおられます。。。車を降りて出迎えてくださった現場監督さんをみると、今日に限ってネクタイが。。。設計会社も担当設計士はもちろん、社長・副社長も来られていました。まさかここまで大人数の検査とは思っておらず、普段着でふらりと行ってしまった自分はかなり浮いている気がして、大変恐縮してしまいました。。。

それはともかく、検査の方は大変細かく厳正に行われました。社長自ら全ての扉・戸棚などを詳細にチェックし、天井裏や建物屋上などもご自身で登って確認していきます。その真摯な態度にはただただ感服するばかりでした。自分達は医療に対して真剣な態度で臨む時、いかに自分に厳しくするかも求められるのですが、建築設計にも通じるものがあるのだと痛感しました。

おかげさまで大きな問題もなく、無事に検査も終わりました。細かい修正・クリーニングが終わればいよいよ引渡しとなります。

建物が想像以上に素晴らしく仕上がったことは本当にうれしいです。
しかし建物だけ立派で肝心の診療は、、、ということにならぬよう、建物に負けないように、常に一生懸命、医療を行っていきたいと気を引き締めました。

東条設計
http://www.tojo-aa.co.jp/