2011年09月18日

「耳鼻咽喉科展望」に論文が掲載されました!

ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックでは、地域医療に貢献すべく臨床診療に従事していますが、医学の発展のために臨床研究を行うことも目標としています。

昨年(2011年)9月、名古屋にて第34回日本医用エアロゾル研究会が開催されましたが、院長はシンポジストとして講演させて頂きました。

その際の講演内容をまとめて論文化して投稿していましたが、このたび「耳鼻咽喉科展望」という医学誌に掲載された旨の連絡がありました。

エアロゾル論文_耳鼻咽喉科展望2011_ページ_1.jpg
「エアロゾル療法有効性の検証 ― 実地臨床における問題点と工夫 ―」というタイトルです。

エアロゾル論文_耳鼻咽喉科展望2011_ページ_2.jpg
当院が取り組んでいる「プライバシーを重視したエアロゾル療法」などについて記載しています。論文の全文は学会誌会員のみに配布されますが、1年後にはオンラインジャーナルとしてインターネットで全文が公開される予定です。

ちなみにこのオンラインジャーナルでは、2008年に院長が執筆した論文も読むことができます。
「免疫賦活のためのアジュバント」


1年越しで論文化されましたが、研究・発表したものが形となった姿を見るのは格別の喜びです。。。勤務医時代にはよく経験したものですが、開業してからのデータで論文ができたことは非常にうれしいです。

ふくいわ耳鼻咽喉科クリニック
では、これからも臨床研究に取り組み続けて、医学の発展に貢献することを目指したいと考えています。新たな知見が地域医療にフィードバックされることで、医療の更なる質の向上にもつながると思います。
posted by BB at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床研究
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56539964

この記事へのトラックバック