2010年08月06日

相模原臨床アレルギーセミナー初日

今日から相模原臨床アレルギーセミナーがパシフィコ横浜にて開催されております。ふくいわ耳鼻咽喉科クリニック院長も朝から出席しています。

このセミナーは、院長が所属している日本アレルギー学会認定の集中セミナーであり、耳鼻咽喉科領域だけでなく、喘息・アトピー性皮膚炎など全身のアレルギー疾患について基礎から臨床までみっちり勉強するものです。

ST330543.JPG

ちなみに初日学んだことは下記のとおりです。

(午前中)
過敏性肺炎の病態と臨床
過敏性肺炎における吸入誘発試験
慢性好酸球性肺炎の臨床
薬剤性肺炎について

。。。。正直、普段の耳鼻咽喉科臨床とは全く畑違いで、講義についていくのに必死でした。。。久しぶりに脳から汗が出る感覚でした。。。

出席者は250人でしたが、そのほとんどが若手医師という雰囲気で、みんなガリガリノートとって勉強しています。。。塾の夏期講習的な空気です。。。


(午後)
薬剤アレルギーと薬疹
アスピリン喘息の診断と治療
成人アレルギー疾患のケーススタディ
気管支喘息における気道リモデリング
アレルギー学の基礎

薬剤による薬疹、気管支喘息などは耳鼻咽喉科臨床でも目にすることがある疾患であり、非常に勉強になりました。
基礎アレルギー学については、勤務医時代に専門として研究していた免疫・ワクチン学の復習といった感じで、楽しく学ぶことが出来ました。
posted by BB at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床研究
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56539871

この記事へのトラックバック