2013年11月21日

かごしま病院ナビのWebサイト

ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックは、2013年2月に発売された「かごしま病院ナビvol.4」に掲載されました。
Triple B「「かごしま病院ナビ vol.4」に掲載されました」

先日、かごしま病院ナビのWebサイトにて当院の記事が閲覧できることを知りました。こちらのページです。
Webかごしま病院ナビ

fukuiwa-1.jpg

タイトルは「予約システムで細やかな診療が受けられる。笑顔あふれる手厚いケアで地域医療に貢献。」です。

主なコンテンツは下記の通りです。

1.様々な検査機器で総合的に診断、予約システムで待ち時間を解消

2.子どもの病態も優しくケアする小児耳鼻咽喉科を開設

3.つらいアレルギー性鼻炎には、薬物療法や日帰り手術で対応

院内の写真などもありますので、よろしければ是非ご覧ください。

hyoushi1.jpg
posted by BB at 18:12| Comment(0) | 日記

2013年11月17日

舌下免疫療法の講習会に参加しました

ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックでは、院長が日本アレルギー学会認定専門医として、日々アレルギー診療に従事しています。

今回、名古屋で開催された日本耳鼻咽喉科学会専門医大会において、アレルギー性鼻炎の新しい治療法である舌下免疫療法に関する講習会が開催されましたので、当院院長も参加してきました。

2013-11-17 13.37.35.jpg

舌下免疫療法とは、アレルギー性鼻炎の原因であるアレルギー体質そのものを改善させる治療法です。従来の薬物療法は、アレルギー反応を一時的に抑え込む治療ですので、お薬をやめるとアレルギー症状がぶりかえしてしまいます。

これに対して舌下免疫療法は、アレルギーの原因物質をすこしずつ体に投与し続けることで、アレルギー反応が起きなくなるように体を慣らしていく治療です。つまり根本的にアレルギーを治すことが可能となります。

舌下免疫療法.jpg

アレルギーを根本的に治す治療法である免疫療法自体は、既に二十年以上前から保険診療として行われています。ただその方法は、アレルギーの原因物質を注射で投与し続ける方法であり、最初は週一回の通院が二ヶ月続き、その後は月一回の通院を一年以上続ける必要があります。さらに注射での免疫療法は、ショックなどの重い副作用が出る危険性もあります。

舌下免疫療法は、注射の代わりにエキスを口の中に投与するので、より安全かつ簡便にできることが最大の特徴です。もちろん、治療期間は最低1年以上必要であったり、誰にでも効果が出るわけではない、などの問題もありますが、根本的にアレルギー性鼻炎を治すことのできる治療は、唯一免疫療法のみです。

この治療は来年度から開始できる見込みとなっていますが、厚労省の指導により、免疫療法を施行できる医師は登録制となっています。今回の講習を受けて、さらにe-Learningというオンライン講習を受けることで、はじめて治療を行うことが可能となります。

2013-11-17 13.36.37.jpg
会場となった名古屋国際会議場のセンチュリーホール、定員3,000名ですが、完全に満席となりました。。。これだけたくさんの耳鼻咽喉科専門医が全国から集まってきたということが、舌下免疫療法に対する関心の高さを表しています。

2013-11-17 17.15.04.jpg
鹿児島から日帰り名古屋出張でした。

2013-11-17 17.12.36.jpg
中部国際空港では、偶然にもイルミネーションの点灯式がありました。

来年度の治療開始に合わせて、当院でもしっかりと準備を進めていきたいと思います。
posted by BB at 18:49| Comment(0) | 臨床研究

2013年11月04日

おかげさまで開院5周年

ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックは、去る11月1日で開院5周年を迎えました。

5年前の平成20年11月1日に故郷の加世田で開業して以来、丸5年間を無事に乗り越えてこれたことを考えますと、とても感慨深いです。これも地域の皆様ならびに関係各位による御支援の賜物であると感謝しております。この場を借りて皆様に深く御礼申し上げます。

当日は各方面の方々からお祝いのお品をたくさんいただきました。感謝感激です!!

2013-11-01 18.59.06.jpg
美しい胡蝶蘭の数々です。

待合室に並んだ胡蝶蘭をみると、まるで開業当時のようであり、当時のことをたくさん思い出しました。。。苦労したこともたくさんありますが、それ以上に良い思い出が一杯湧き上がってきます。

2013-11-01 13.03.48.jpg
非常に素敵なプリザーブドフラワーです。

この一年間で、新たに3名のスタッフを迎え入れ、事務部門および看護部門の人員強化を図りました。

またスタッフの質的向上を図る目的、様々な院外研修の機会を設けました。めまい平衡医学会主催の5日間にわたる技能講習会をはじめ、看護研究会などの短期研修にも各スタッフが積極的に参加してくれました。

院長はこの3月に、日本アロマセラピー学会認定のアロマセラピー認定医試験に合格し資格を取得しました。今後も耳鼻咽喉科の枠にとらわれず、様々な専門知識の習得をして、地域医療への還元を目指す所存です。

2013-11-01 19.06.44.jpg
2013-11-01 19.07.00.jpg
5周年のお祝いとして当院オリジナル提灯を頂きました!

この提灯、神田の有名な提灯職人の手によるものだそうで、完全オリジナルの一品です。

DSC01289.JPG
週末には、家族が5周年を祝ってくれました。

いつまでも初心を忘れず、これからも頑張っていきたいと思います。
posted by BB at 00:15| Comment(0) | クリニック診療