2013年01月21日

TJカゴシマ 2013年2月号に掲載されました

ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックでは、本日(1月21日)発売のTJカゴシマ 2013年2月号に取材記事が掲載されました。

TJ.jpg

「鹿児島のドクターに聞く 私たちのこころとからだ」という特集の中で、「こどもの鼻水と中耳炎」に関して解説を行いました。

2013-01-21 23.45.07.jpg

「こどもが中耳炎を繰り返すのですが、何か原因がありますか?」

「中耳炎は癖になりますか?」

これらの質問にお答えする形で、小児急性中耳炎の原因と、特に反復しやすい原因と危険因子に関して詳細に解説を行いました。

「なんで中耳炎を繰り返すんですか?」という質問は、耳鼻咽喉科医が診察時に受ける質問の中でもかなり頻度の高いものだと思います。普段の診療でお答えしている内容を、より詳しく原因を列挙して説明してみました。

また、「中耳炎の治療で鼓膜を切っても大丈夫なのでしょうか?」という質問も良く受けます。
当然ながら「切らずに治療」することが理想なのですが、実際の診療では「鼓膜切開術」が重要な役割を果たす場面も多々見られます。その必要性と適応、切開すべきタイミングなどに関して、詳細な回答を行っています。

その中で、当院が導入している「レーザー鼓膜切開装置 OtoLAM」に関しても簡単にご紹介しています。

otolam.jpg
OtoLAMによるレーザー鼓膜切開の一例。モニターで鼓膜上に照準を絞り、フットスイッチでレーザー照射します。

ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックでは、開設当初から「小児耳鼻咽喉科」を標榜して、子供に特有な耳・鼻・のどの病気の治療に積極的に取り組んでいます。

今後も様々な形で、耳鼻咽喉科診療に関する情報発信を行っていきたいと思います。

2013-01-21 23.45.37.jpg
posted by BB at 23:44| Comment(0) | 日記

2013年01月17日

新スタッフの歓迎会

ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックでは、事務部門の充実を図る目的で、2012年末に新スタッフを採用しました。

事務部門は、受付業務、診察室における電子カルテ入力補助、診療報酬管理が大きな業務の柱ですが、この他にも昨年8月に導入した外来予約システムの管理、待合室での患者さん向けサービス(コンシェルジュ)、医療クラーク業務など幅広い対応が求められます。

すべての業務は「円滑な診療=待ち時間の緩和」につながることであり、部門の人員を強化することで業務改善、特に質の向上を目指すことを目標としています。

というわけで、診療終了後に全スタッフで新人歓迎会を開催しました。
スタッフ間の親睦を深めつつ、おいしいものを食べて元気をつけよう!という趣旨です。

2013-01-16 20.29.59.jpg
まずは前菜、エビと菜の花のジュレ仕立て。よく混ぜていただきます。すきっ腹にシュッと入っていきます。

2013-01-16 20.39.56.jpg
鯛、カンパチ、中トロ、ウニ、どれも新鮮なお造りです。ワサビがガンガン効いてきます!

2013-01-16 20.53.17.jpg
鯛とダイコンのお吸い物。あっさり味で鯛の旨味がより引き立ちます。

2013-01-16 21.08.33.jpg
ブリの照り焼き。。。極上の一品、白いご飯が強烈に欲しくなります!

2013-01-16 21.27.55.jpg
カキとホタテのあんかけ。カキがもうぷりっぷりで、ハイボールがすすみます!

2013-01-16 21.40.55.jpg
黒毛和牛のビーフシチュー。お肉がトロットロ、添えられたパンがこれまたうれしい。

2013-01-16 22.03.35.jpg
白子のテンプラ。。。。白子好きにはもうたまりません!!

2013-01-16 22.11.33.jpg
〆のお食事はイクラ丼。もう満腹です。。。

2013-01-16 22.27.31.jpg
デザートのシャーベットとイチゴ「あまおう」。満腹なはずなのに、デザートは別腹です。。。

前菜からデザートまで、超満足のお料理、皆で舌鼓をうちつつ、夜が更けるまで楽しく親睦を深めました。

ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックは、人員強化でさらなる発展を目指しつつ、また明日からスタッフ一丸となって、地域医療に貢献することを目指します。
posted by BB at 15:30| Comment(0) | 日記