2011年09月25日

アイアイラーメン

ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックは日曜日で休診でした。なので以前から気になっていたアイアイラーメンに行ってきました。

子供たちは一度食べたことがあって、「麺の湯切りをするときに店員さんが全員で「ホイッ!ホイッ!ホイッ!」と言うのが面白かった!」とのこと。

アイアイラーメン

イオン鹿児島店近くの東開店にいきました。11時半でしたが既に並んでいます。。。

席に着いたら次男がビックリ。天井を指して「あ、ラーメンだ!!!」

small1000000585.JPG
なんと、丼がライトの傘になっています!

いろんなメニューがあるのですが、前から気になっていた「牛もつ味噌ラーメン」を頼みました。「牛もつLOVE潮(しお)ラーメン」が人気メニューのようですが、あえて味噌味。

1000000589.JPG
!!!すごいボリュームの麺に、牛もつがてんこ盛り!!

とてつもなく深みのある、濃厚な味噌味で、ニンニクもたっぷりの極上スタミナラーメンです。さらに!目玉の牛もつがジューシーかつ柔らかい!!そして噛みつづけるとまろやかな甘みが染み出てくる、不思議なおいしさです。
濃厚味噌味と甘い牛もつ、このハーモニーと共に麺をすする贅沢さ。。。。至福の逸品です。。

1000000591.JPG
もちろん、こんな感じで。。。完食。


こちらは桜島大噴火辛麺です。小噴火(1倍)。
1000000586.JPG

そして中噴火。小噴火よりもスープが赤くトウガラシ色、その分からさが3倍ということで、さながら「シャア専用」ラーメンです!!
small1000000588.JPG

中辛でも結構からくて、かなりよい具合です。

幼稚園の娘が頼んだ「さつまおごじょの潮」です。
1000000587.JPG

「鹿児島の優しい女性をイメージし、南国の海を感じる一杯。沖縄の塩を使用」とのことで、こちらはあっさり味で逆に新鮮、いくらでも食べられる味です。

というわけでアイアイラーメン、味噌味にやられてしまいました。

次回は、桜島をイメージしたという「黒とんこつラーメン」にもアタックしたいところです。
posted by BB at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月18日

「耳鼻咽喉科展望」に論文が掲載されました!

ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックでは、地域医療に貢献すべく臨床診療に従事していますが、医学の発展のために臨床研究を行うことも目標としています。

昨年(2011年)9月、名古屋にて第34回日本医用エアロゾル研究会が開催されましたが、院長はシンポジストとして講演させて頂きました。

その際の講演内容をまとめて論文化して投稿していましたが、このたび「耳鼻咽喉科展望」という医学誌に掲載された旨の連絡がありました。

エアロゾル論文_耳鼻咽喉科展望2011_ページ_1.jpg
「エアロゾル療法有効性の検証 ― 実地臨床における問題点と工夫 ―」というタイトルです。

エアロゾル論文_耳鼻咽喉科展望2011_ページ_2.jpg
当院が取り組んでいる「プライバシーを重視したエアロゾル療法」などについて記載しています。論文の全文は学会誌会員のみに配布されますが、1年後にはオンラインジャーナルとしてインターネットで全文が公開される予定です。

ちなみにこのオンラインジャーナルでは、2008年に院長が執筆した論文も読むことができます。
「免疫賦活のためのアジュバント」


1年越しで論文化されましたが、研究・発表したものが形となった姿を見るのは格別の喜びです。。。勤務医時代にはよく経験したものですが、開業してからのデータで論文ができたことは非常にうれしいです。

ふくいわ耳鼻咽喉科クリニック
では、これからも臨床研究に取り組み続けて、医学の発展に貢献することを目指したいと考えています。新たな知見が地域医療にフィードバックされることで、医療の更なる質の向上にもつながると思います。
posted by BB at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床研究

2011年09月17日

鹿児島呼吸器フォーラム2011に出席しました

ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックでは、2011年4月から日本アレルギー学会認定専門医を取得して臨床アレルギー学の診療強化を行っています。

そこで当院では、アレルギー性鼻炎だけでなく、アレルギー科として気管支喘息の初期診断にもかかわっています。
また、最近ではマスコミでも広く取り上げられている慢性閉塞性肺疾患(COPD)に関しても、呼吸機能検査(スパイロメーター)を取り揃えてその初期診断に取り組んでいます。

さらに、耳鼻咽喉科領域と呼吸器領域は気道として一つながりであり、その疾患も関連性が高いことから「One airway one disease」(直訳:一つの気道 一つの疾患)として、総合的に診断すべきであることが学会でも提唱されています。例えば「アレルギー性鼻炎の治療を行うことで、気管支喘息のコントロールが良くなる」。これは既に報告されている有名なデータです。

「One airway one disease」のコンセプトに基づいて総合的な診療を行うことで、より全身的な医療を行うことができます。そのために耳鼻咽喉科医・アレルギー科医として、呼吸器疾患の研修を行うことは非常に重要なことであると考えています。

ということで、杏林製薬株式会社の主催による鹿児島呼吸器フォーラム2011に出席して勉強してきました。

座長は鹿児島大学医学部呼吸器内科教授の井上博雅先生、講師は東京女子医科大学第一内科学主任教授の永井厚志先生で、「COPDと気管支喘息のオーバーラップ病態」というテーマでした。

重症のCOPDと気管支喘息では臨床所見が鑑別しにくい例があり、その病態はこれら2疾患が同時に関与しており、オーバーラップ症候群としてとらえるべきである、とのことでした。

非常にわかりやすい解説で、とても有意義な研修をさせていただきました。

呼吸器フォーラム.jpg


因みに当院では、「3週間以上持続する咳」に代表される慢性咳嗽(せき)でお困りの患者さんも多く来院されます。アレルギー性鼻炎や鼻副鼻腔炎による後鼻漏(鼻水がのどに流れ込む)が原因となって咳が持続する例は非常に多く、これらの病態であれば耳鼻咽喉科学的な治療にて咳が改善します。しかし咳の原因としては、気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)など下気道疾患も当然ながら考慮すべきです。

当院の診療指針として、まず耳鼻咽喉科学的精査を行いつつ、疑わしければ胸部聴診などの理学所見、スパイロメーターによる呼吸機能検査等を行って、下気道疾患のスクリーニング(初期診断)を行います。
場合によっては院内CTにて胸部CT検査を行い、遠隔画像診断センター(ネットメディカルセンター)にて放射線科専門医のCT読影レポートを取得して下気道精査を行っています。

実際に気管支喘息やCOPDなど下気道疾患が見つかることも多く、必要な例では呼吸器専門の医療機関へ紹介を行って専門的診療を受けていただくようにしています。

ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックでは、耳鼻咽喉科のみならずアレルギー科として、より総合的な気道臨床学を目指したいと考えています。
posted by BB at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニック診療

2011年09月10日

タレカツバーガー

モスバーガーの限定メニュー「タレカツバーガー」にトライ。

公式ウェブサイトによると、「新潟ご当地メニュー、タレカツ丼をイメージしたハンバーガーです。隠し味に山椒を入れた醤油ダレをからめた国産の豚モモ肉のカツを2枚、その上にキャベツをのせ、ボリューム感たっぷりに仕上げました。」とのこと。

1000000529_1.JPG
うれしいことに「大盛り」があります!

1000000530.JPG
大盛りは、国産豚カツが3枚になります!うまそうです!

たれがしみ込んだトンカツと、しゃきしゃきキャベツの食感がグッドです。
モスバーガー定番メニュー「ロースカツバーガー」と比較して、トンカツが柔らかくて食べやすくなっているのと、味わいがまた違ってこれもまた旨し!です。ロースカツバーガー好きなら絶対食するべきです!

こうなると、オリジナルの「新潟ご当地メニュータレカツ丼」も是非一度食べてみたくなります。
posted by BB at 23:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年09月06日

絶品!カップヌードルごはん

前々から気になっていた「カップヌードルごはん」を食べてみました。。。

1000000538_1.JPG
カップヌードルがご飯になった!というキャッチフレーズです。「麺は入っていません」と注意書きが。

1000000540_1.JPG
具材、ご飯、味付け油をとりだします。

1000000539_1.JPG
空っぽの箱を用いて調理いたします。。。まず、ここに水を入れます。

1000000541_1.JPG
つづいて具材を投入。普通のカップヌードルと同じような感じです。

1000000543.JPG
その後、乾燥したお米を入れます。これをぐるぐるにかき混ぜます。

1000000545_1.JPG
蓋をして、電子レンジに入れます。電子調理開始!!


4分30秒にて調理終了。

ただし!

あせって蓋を開けず、このあと、1分ほど蒸らしの時間が必要です。。。

1000000546_1.JPG
そして完成。

1000000547_1.JPG
をぉ!!ホックホクのご飯が炊きあがりました!!

食べた感想ですが、、、素晴らしいです!

カップヌードル味の炊き込みご飯とでも言いましょうか、まさに「いつもの」カップヌードル味です!!
さらに、具材が思いの他しっかりと入っていて、歯ごたえもあります。

しかしもう一つ欲を言うならば、やはり麺もほしい!
麺と御飯が混ざって「そば飯」状態になっていたら、パーフェクトだと思います。。。

カップヌードル味のそば飯、希望。
posted by BB at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記