2010年01月09日

デロンギのパネルヒーターを購入

ふくいわ耳鼻咽喉科クリニックは、鹿児島県内でも南部に位置する南さつま市にあるのですが、冬場の冷え込みは結構厳しいものがあります。

待合室からキッズコーナーまでが吹き抜け天井でワンフロアになっているので、3台のエアコンは常にフル稼働状態です。さらに3つの診察室と各種個室、ネブライザーコーナー等に計10台のエアコンがあり、合計すると最大13台のエアコンがフル稼働することになります。。。。

しかしそれでもスポット的に冷える場所があり、補助暖房器具の併用で上手くいかないものかといろいろ探していました。
そして今回、デロンギ社のパネル型遠赤外線マイカヒーターを購入してみました。

デロンギ・マイカヒーターHHP1000TCJ
ST330397.JPG

デロンギといえばオイルヒーターが有名で、個人的にも数年前から愛用しているのですが、寝室など閉ざされた空間に置くと部屋全体がホカホカとあったまりもう最高です。「ポカポカ陽気の暖かさ」と表現したくなるような、なんともいえない気持ちよさを感じます。エアコンとは全く違う心地よさです。ただ欠点としては、暖まるまで時間がかかる、広い吹き抜けなどでは効果が弱まる等が上げられます。

今回のマイカヒーターは、オイルヒーターよりも即効性に優れるものらしく、実際使用してみると確かにすぐ本体はあったまります。表面温度は50度ということで、小さい子供さんが間違って触っても火傷することはなさそうです。

ST330398.JPG

肝心の効果ですが、試しに中待合コーナーで使用してみると、予想以上にポカポカとあったまり感が見られました!
吹き抜けで使用するので心配していたのですが、ソファや壁があたたまり設置前よりも確実に快適になりました。まさに遠赤外線効果といったところでしょうか。

デザインもすっきりしていて、「イタリアのメーカー」という言葉の効果もあり(?)、ちょっとだけおしゃれな気がします。。。。

これからさらに寒さが厳しくなりますが、クリニックでの時間をすこしでも快適にお過しいただくため、今後さらに寒さ対策を検討していきます。
posted by BB at 23:20| Comment(2) | TrackBack(0) | クリニック設備